素敵な人のお話 <医療機関経営支援サイト「ドクタートレジャーボックス」
 Home > 素敵な人のお話メニュー >


斎藤 博(さいとう ひろし) 先生


 

 

昭和50年

昭和57年


平成12年

平成15年

平成18年

大阪大学 基礎工学部情報工学科 卒業

和歌山県立医科大学 卒業
東京女子医科大学にて研修医から勤務医へ

訪問診療に携わる

在宅医療支援ソフト『在宅くん』開発

一生堂クリニック開業

 

斎藤先生には本サイト内「クリニック経営の極意」にて在宅医療に関する記事のご執筆を頂いています。
斎藤先生は、今年3月から在宅医療の一生堂クリニックを開業されました。鋭い切り口でありながら、時にユニークな表現はとても気さくなドクターです。

確かな診療に加え、優しい物腰と穏やかな笑顔に信頼が集まり、開業後間もないなかで患者様は急増中です。すでにお一人での訪問診療が厳しい状態となりスタッフを増員し、フル活動でお忙しい毎日を送っています。

ご実家は四代続く医師の家系です。ご幼少の頃から医師への道を着々と志すもの、と周囲の期待をよそに医者なんかになりたくないと工学部情報工学科に進学され、ご卒業されました。 
卒業後は研究室へ在籍。しかし、大学在学中に妹さんが他界したことで、落胆したお父様を気遣い、医学部への再入学を決心された、素晴らしい経歴をお持ちです。

卒業後は東京女子医大へ入局。その後関連病院の至誠会第二病院に勤務中に、お父様が認知症と診断されました。看護と介護の為にご実家である広島と東京の往復を強いられる日々が続いた結果、病院への勤務が難しくなり退職を余儀なくされたのが6年前です。
その時に非常勤で勤務を開始されたのが訪問診療クリニックでした。現在の斎藤先生の仕事の原点になっています。

斎藤先生は、医師でありながら業務ソフトを開発しています。工学部出身者とはいえ、なかなかできることではありません。

ソフトを開発した経緯をお聞きしました。
以前に勤務されていたクリニックには山のように疑問と憤りがあったそうです。
申し送りをしない事による訪問ミス、指示ミス、文書管理の乱雑さ・・・。自分ならこうする!とフツフツと湧き起こる思いが自らのソフト開発をしようという思いへ駆り立てたと述懐されています。医師業を行いながら寝食を忘れ作業に打ち込み、約2000時間を費やし、どこにもない在宅専門クリニック向け支援ソフト『在宅くん』が完成しました。

実際に他クリニックで使用を開始、随時改良を重ねてバージョンアップし、保守メンテナンスもご自身で行っています。現在の一生堂クリニックでは『在宅くん』がフル活動中。『在宅くん』は訪問予定表・指示書・処方箋印刷・カルテ表紙・インターネットで患者様情報をチェックできる機能満載ソフトです。今後、『在宅くん』が多くの在宅医に利用されれば在宅医療の環境整備に繋がるのだがと、斎藤先生は真剣な眼差しでお話されていました。

さて、3月に開業し順風満帆なようですが今後のクリニック運営に課題が無いわけではありません。運営コストの削減やよい医療をしながら収益をあげていくという問題への対応、そしてクリニックの規模を大きくしたときに、あるべき対応ができる院内システムを構築すること。さらに、医師やスタッフの技術技能の向上を図ることで、現在のきめ細かい医療体制を維持していくことなどが大きな目標であり課題です。

斎藤先生は、医師として患者さんのために懸命に働きながら、優れた才能を発揮するソフト開発者として、そしてさらに優秀な経営者としての足がかりをつくりあげるために毎日を忙しく過ごされています。

そんな医師として懸命に患者さんに貢献する日々を送りながら、在宅医療は24時間、まったなしの対応をしなければならない環境であるために、大好きな趣味である自転車、スキー、ドライブを楽しむ時間が持てなくなったとニコニコされて斎藤先生は話されていました。

斎藤先生のファンである私たちは皆、『ちょっと赤倉にスキー行ってくるからお願いね。』と、斎藤先生が心から信頼する医師やスタッフに仕事を任せ、お休みとることができる体制が、早くできればよいと願っています。

『現状に満足することなく、医師として研鑽を怠らず、地域に密着した医療の提供ができる、自分が考える理想の医療を目指したい』、ときりっとした目で力強く語る斎藤先生が、これからもより一層のご活躍をされるよう、期待しています。

(取材:青山記代子)



 





プリンタ出力用画面 友達に伝える
中島亮医師が当社経営陣に入ります
病院支援の仕組みをご活用下さい
病院の「経営企画室」業務、私達が請け負います
3か月で病院原価計算導入
勝ち残る5段階で進めるDPC戦略
オンリーワンクリニックになりたくありませんか?


お勧め化粧品 BLOG よい病院・よくない病院の見分け方 素敵な人のお話
クリッククリニック 聞いてネット(FAQ) わかった!経営の処方箋


ホームサービス・商品目次Drトレジャーボックスとはご利用方法としくみ
ご登録画面ご登録の手順会員規約お申し込み方法運営会社の説明