中島亮医師が当社経営陣に入ります<医療機関経営支援サイト「ドクタートレジャーボックス」

Home > 中島亮医師が当社経営陣に入ります

中島亮医師が当社経営陣に入ります

中島亮医師が当社経営陣に入ります

中島亮医師が当社経営陣に入ります


私たちが医療関係の仕事をしていくときに、不足しているものは医師の力です。多くの医師がクライアントや仲間として私たちの考え方を支持し、またアドバイスをくれてはいますが、同じ目的のために活動をする医師はおりませんでした。

中島医師は、自ら中島病院を核とした病院及び施設のグループ展開を行っている新進気鋭の若手医師であり、自ら病院の理事長を務めるとともに、複数の病院経営支援、さらには診療所の経営や介護事業に参入するなど自ら行う医療介護領域の事業において、成果をあげ、新しい取組みを行ってきました。

病院経営がどのようなものなのか、医療がどのように行われるのかについて、病院の内側、診療所のマネジメントのなかから経験しています。急性期、慢性期、在宅、そして介護事業と医療介護全体での日常的な活動を通じて得た知見を、他の病院マネジメントに活かしていきたいという思いが強くあります。

中島医師の当社取締役就任により、我々ホワイトボックスが行ってきた、DPC、急性期、慢性期、精神、介護等のコンサルティングに、医師の視点からの判断を付加することができるようになりました。弊社コンサルティングを行う現場においても、既にともに活動を始め成果をあげています。


 

さらに医師の視点を入れたマネジメント強化を、多くのクライアントに提供します


中島医師だけではなく、他の医師の招聘も含め、ホワイトボックスはさらに医師の視点を入れたマネジメント強化を、多くのクライアントに提供することとしています。

海外では病院管理会社が病院運営を行っているケースが数多くありますが、日本においても、これからは病院マネジメントを請け負う事業体が数多く生まれる環境にあります。おりしもTPPの議論のなかで、自由診療での医療が導入されたり、ファンドによるヘルスケアリートが病院支援や積極的な医療再生に取り組む時代になってきました。

Human Resource Management(人的資源管理)や、Medical Tool(医療ツール)の提供、さらにはManagement Accounting(管理会計)を3本のマネジメントの柱とし、さらにスキルを高め、今までにも増して多くの病院経営、経営支援を手掛けていきたいと考えています。

その場合、これらへの対応は、病院医師の立場からこれを思考する必要があり、我々サイドの医師の存在は貴重です。

今後、複数人もしくは数十名単位での医師の協力を得て、再生や積極的M&A、地域医療体制整備を行えるよう取り組んでいきます。

上記を背景に、仔細なプログラムによる体質改善や業績向上を図るための、ガバナンスを基礎とした病院運営モデルの提供をこれからも徹底して行っていきます。

3本のマネジメントの柱


お問い合わせはこちらから



ご興味のある方は、以下にお問い合わせください。


ホワイトボックス株式会社 

東京都中央区銀座8−12−15全国燃料会館4F
TEL:03(6278)8741
FAX:03(3543)6116
メールアドレス: info@whitebox.co.jp

プリンタ出力用画面 友達に伝える
中島亮医師が当社経営陣に入ります
病院支援の仕組みをご活用下さい
病院の「経営企画室」業務、私達が請け負います
3か月で病院原価計算導入
勝ち残る5段階で進めるDPC戦略
オンリーワンクリニックになりたくありませんか?


お勧め化粧品 BLOG よい病院・よくない病院の見分け方 素敵な人のお話
クリッククリニック 聞いてネット(FAQ) わかった!経営の処方箋


ホームサービス・商品目次Drトレジャーボックスとはご利用方法としくみ
ご登録画面ご登録の手順会員規約お申し込み方法運営会社の説明