Home > News : (9JAN05)SWOT分析

News : (9JAN05)SWOT分析

H病院ではSWOT分析のトレーニングを行っています。

企画室がブレーンストーミングを行いながら強み、弱み、機会(チャンス)、脅威についてそれぞれ内容をプロジェクターで投影しながらPCに記録していきました。

さまざまな項目をあげている間に、自分たちの病院の全体が整理され、従来、実施してきたことへの裏付けができてきたという意見が多くありました。

とりわけ現代では、医師を中心とした病院経営を行うためのあらゆる仕掛けをしていく病院しか生き残っていけないといわれています。

ブリーフィング(短期の報告)、インセンティブ制度、部門別(診療科別)損益計算、指標管理(BSC)、看護プロセスのあるべきかたちでの確立、中間管理職教育、マニュアル作成、パス作成等々、とりわけDPC病院は徹底した強みを伸ばす戦略を実行しなければなりません。

というか経度の急性期も包括化の方向で検討する、という方針がでていますので、これからの一般病床は結構大変な対応をしなければなりません。その背景を理解し、よい意見が整理されたトレーニングでした。

投稿者: DTB Support 投稿日時: 2009-1-28 0:00:00 (4434 ヒット)
印刷用ページ このニュースを友達に送る
中島亮医師が当社経営陣に入ります
病院支援の仕組みをご活用下さい
病院の「経営企画室」業務、私達が請け負います
3か月で病院原価計算導入
勝ち残る5段階で進めるDPC戦略
オンリーワンクリニックになりたくありませんか?


お勧め化粧品 BLOG よい病院・よくない病院の見分け方 素敵な人のお話
クリッククリニック 聞いてネット(FAQ) わかった!経営の処方箋


ホームサービス・商品目次Drトレジャーボックスとはご利用方法としくみ
ご登録画面ご登録の手順会員規約お申し込み方法運営会社の説明