Home > News : (10NOV03)現状分析セミナー

News : (10NOV03)現状分析セミナー

インフォメーション 221106

ここまで説明してきたように、大方の病院は外来患者が減り、入院が減る傾向にあるが、そうであれば、予定入院の手術対象患者も減り(一概にそう言えない病院もありますが)、結局のところ手術も減る。また救急を職員の負担を軽減するために、例えば輪番日を少なくするなどの対応をとったところはさらに入院患者数を減らす。

ということは全体として手術件数は減少しているということになる。

なお、麻酔医がおらず手術したくてもできない病院は多数ある。
投稿者: DTB Support 投稿日時: 2010-11-6 0:00:00 (1534 ヒット)
印刷用ページ このニュースを友達に送る
中島亮医師が当社経営陣に入ります
病院支援の仕組みをご活用下さい
病院の「経営企画室」業務、私達が請け負います
3か月で病院原価計算導入
勝ち残る5段階で進めるDPC戦略
オンリーワンクリニックになりたくありませんか?


お勧め化粧品 BLOG よい病院・よくない病院の見分け方 素敵な人のお話
クリッククリニック 聞いてネット(FAQ) わかった!経営の処方箋


ホームサービス・商品目次Drトレジャーボックスとはご利用方法としくみ
ご登録画面ご登録の手順会員規約お申し込み方法運営会社の説明