Home > News : (15MAR08)医療保険について

News : (15MAR08)医療保険について

東南アジアの病院を巡回している。今までにアセアン10か国の内、ブルネイを除く9か国の病院の調査や視察を行ってきた。

そこで気付くことは社会保険もない国、社会保険はあるが使えず、民間保険に依存している国、社会保険と民間保険の双方がうまく機能している国があるが、日本のように大半の医療が社会保険だけで成り立っている国は皆無であるということだ。

北原先生が言うように、人口が増加し経済が拡大しているときには社会保険は成立するが、今の日本にはそぐわない制度だ。弱者への保障の手法など課題はあるが民間保険を導入し、すぐれた医療を継続できる病院を残していくことが必要。日本の医療が社会保険とともに崩壊しないことを強く望んでいる(セミナーより)。
投稿者: DTB Support 投稿日時: 2015-5-30 0:00:00 (483 ヒット)
印刷用ページ このニュースを友達に送る
中島亮医師が当社経営陣に入ります
病院支援の仕組みをご活用下さい
病院の「経営企画室」業務、私達が請け負います
3か月で病院原価計算導入
勝ち残る5段階で進めるDPC戦略
オンリーワンクリニックになりたくありませんか?


お勧め化粧品 BLOG よい病院・よくない病院の見分け方 素敵な人のお話
クリッククリニック 聞いてネット(FAQ) わかった!経営の処方箋


ホームサービス・商品目次Drトレジャーボックスとはご利用方法としくみ
ご登録画面ご登録の手順会員規約お申し込み方法運営会社の説明