Home > News : (16MAR11)マニュアルの現状

News : (16MAR11)マニュアルの現状

マニュアルといえば、手順であり、仕事をマニュアル化するといえば手順書を作成することだと皆が考えています。しかし、その背景にはさまざまな価値があり眠っています。マニュアルの作成や運用の仕方一つにより、マニュアルを高度に活かすことができます。マニュアルをどう作成するのか、どう運用するのかを考えます。

なお、病院のマニュアルをみると、(1)マニュアルのフォームが決まっていないことが多くあります。また、(2)書き方も「ですます調」や「である調」が統一されていないこともあります。さらに、(3)手順と留意点が一つの文章に混在しており、分別できていないとか、(4)例えば、とか原則としてといったことが書いてあるため、曖昧な表現になっていることもあります。(5)さらにファイルすれば終わり、改定されない、教育に使われない、といった状況になっていることがあります。

マニュアルをうまく作成し運用することで高い成果をあげることができます。
投稿者: DTB Support 投稿日時: 2016-3-11 0:00:00 (440 ヒット)
印刷用ページ このニュースを友達に送る
中島亮医師が当社経営陣に入ります
病院支援の仕組みをご活用下さい
病院の「経営企画室」業務、私達が請け負います
3か月で病院原価計算導入
勝ち残る5段階で進めるDPC戦略
オンリーワンクリニックになりたくありませんか?


お勧め化粧品 BLOG よい病院・よくない病院の見分け方 素敵な人のお話
クリッククリニック 聞いてネット(FAQ) わかった!経営の処方箋


ホームサービス・商品目次Drトレジャーボックスとはご利用方法としくみ
ご登録画面ご登録の手順会員規約お申し込み方法運営会社の説明