Home > News : (17ARR10)クレーム対策(2)

News : (17ARR10)クレーム対策(2)

 口頭でのクレームや潜在クレームを収集する方法を考えなければなりません。職員は一人残らずポケットにフォームが印刷されたメモ用紙を忍ばせておき、クレームがあったときには、内容、理由、コメントを簡単に記載します。

 よく発生するクレームについては予め、待ち時間、順番、呼び込み、説明不足といった項目を印刷しておき、○をつけられる方法にすれば早く処理できます。
投稿者: DTB Support 投稿日時: 2017-4-10 0:00:00 (36 ヒット)
印刷用ページ このニュースを友達に送る
中島亮医師が当社経営陣に入ります
病院支援の仕組みをご活用下さい
病院の「経営企画室」業務、私達が請け負います
3か月で病院原価計算導入
勝ち残る5段階で進めるDPC戦略
オンリーワンクリニックになりたくありませんか?


お勧め化粧品 BLOG よい病院・よくない病院の見分け方 素敵な人のお話
クリッククリニック 聞いてネット(FAQ) わかった!経営の処方箋


ホームサービス・商品目次Drトレジャーボックスとはご利用方法としくみ
ご登録画面ご登録の手順会員規約お申し込み方法運営会社の説明