Home > News : (17MAY01)「ホームページは集患の道具」

News : (17MAY01)「ホームページは集患の道具」

 一昔前は、パソコン(以下PC)を使うのは、ビジネス用途における一部の人たちであった。いまや誰でもPCを使い、情報収集や買い物をしている。

 数年前、北京の病院に医師を連れて訪問したとき、彼らはPCをあたかも体の一部のように使いこなしたことを思い出す。介護施設でも、70歳をゆうに過ぎた老人が、バチバチとスカイプ(映像通信ソフト)を扱い、「ニューヨークの息子と話をしていたので…」といいながら席を立ち、「悠好(ニーハオ)=こんにちは」と挨拶したときには日本は遅れているなと感じたものだ。限られた層であるとは思うが、高齢者がPCを縦横無尽に駆使しているという話を聞いた。

 日本でも、仕事でPCを使っていた人たちが定年退職を迎え、自宅でネットを利用するのは当たり前となりつつある。(続く)
投稿者: DTB Support 投稿日時: 2017-5-1 0:00:00 (161 ヒット)
印刷用ページ このニュースを友達に送る
中島亮医師が当社経営陣に入ります
病院支援の仕組みをご活用下さい
病院の「経営企画室」業務、私達が請け負います
3か月で病院原価計算導入
勝ち残る5段階で進めるDPC戦略
オンリーワンクリニックになりたくありませんか?


お勧め化粧品 BLOG よい病院・よくない病院の見分け方 素敵な人のお話
クリッククリニック 聞いてネット(FAQ) わかった!経営の処方箋


ホームサービス・商品目次Drトレジャーボックスとはご利用方法としくみ
ご登録画面ご登録の手順会員規約お申し込み方法運営会社の説明