Home > News : (17JUL01)「事業承継のうまいやり方」

News : (17JUL01)「事業承継のうまいやり方」

 事業は草創期、成長期、成熟期、衰退期といったながれにより、変化する。したがって成熟期に至る直前、あるいは成熟期に至る時期に次のビジネスを始め、組織全体の目的をより達成させようとする必要がある。

 薬剤でいえば従来病院で調剤していたものが、医薬分業になり、面分業になり、訪問調剤が行われるようになったのも時代の変化に併せかたちを変えて地域貢献していこうという事業の変化がそれに該当する。

 その事業プロセスにおいてさまざまな理由で事業を継承したいと思う経営者がでてくる。事業承継である。同族であれば親から子に、個人から他人に、個人から組織に継承するといった具合である。

 〇業の仕組みを明確にしておく誰でもわかりやすいよう説明するマニュアルを作成する正しい会計を行うて蔚搬昭劼らみて優れた点を多数もつシ弍弔亡悗垢覯歛蠅鮠錣鵬魴菲瑤浪魴茲諒向に進めているν益体質にすることがあらゆる事業の事業承継における留意点である。(続く)
投稿者: DTB Support 投稿日時: 2017-7-1 0:00:00 (138 ヒット)
印刷用ページ このニュースを友達に送る
中島亮医師が当社経営陣に入ります
病院支援の仕組みをご活用下さい
病院の「経営企画室」業務、私達が請け負います
3か月で病院原価計算導入
勝ち残る5段階で進めるDPC戦略
オンリーワンクリニックになりたくありませんか?


お勧め化粧品 BLOG よい病院・よくない病院の見分け方 素敵な人のお話
クリッククリニック 聞いてネット(FAQ) わかった!経営の処方箋


ホームサービス・商品目次Drトレジャーボックスとはご利用方法としくみ
ご登録画面ご登録の手順会員規約お申し込み方法運営会社の説明