Home > News : (17AUG10)「個人情報とプライバシー保護」(2)

News : (17AUG10)「個人情報とプライバシー保護」(2)

 医療情報に関するプライバシーの保護でいえば、世界医師会が採択した「患者の権利宣言(リスボン宣言)」の第8条「秘密保持に関する権利」が有名だ。「患者の健康状態、症状、診断、予後および治療に関する本人を特定し得るあらゆる情報、ならびにその他すべての個人的情報の秘密は、患者の死後も守られねばならない」と規定され、患者の子孫や、患者本人が明確な承諾を与える、法律に規定されている場合以外は秘密を守られなければならないとされている。

 ただ、ここで個人情報保護=プライバシー保護とするのは誤りである。個人情報保護は、
「情報自体」を漏えいや改ざん、不正使用から守ることであり、プライバシー保護は本人以外との間の関係において他に知られたくない権利を守ることである。(続く)
投稿者: DTB Support 投稿日時: 2017-8-10 0:00:00 (86 ヒット)
印刷用ページ このニュースを友達に送る
中島亮医師が当社経営陣に入ります
病院支援の仕組みをご活用下さい
病院の「経営企画室」業務、私達が請け負います
3か月で病院原価計算導入
勝ち残る5段階で進めるDPC戦略
オンリーワンクリニックになりたくありませんか?


お勧め化粧品 BLOG よい病院・よくない病院の見分け方 素敵な人のお話
クリッククリニック 聞いてネット(FAQ) わかった!経営の処方箋


ホームサービス・商品目次Drトレジャーボックスとはご利用方法としくみ
ご登録画面ご登録の手順会員規約お申し込み方法運営会社の説明