Home > News : (17DEC01)「教育と評価」(2)

News : (17DEC01)「教育と評価」(2)

 スタッフがやる気になるための戦略やストーリーを明確にしたうえで、到達点を明らかにした具体的な計画を立案する。成果をあげるために、仕事の仕組みを変え、個人の技術技能向上を図る必要があると説明しなければならない。

 職場内教育は事前に整備されたマニュアルにより行う。標準的な作業やノウハウが記載されたマニュアルがなければ均一的な教育は実施できない。

 次に職場で理解できない事柄を集合教育にて学習する。マネジメント研修は集合教育で学習したのち職場内でそれらを活用するが、通常は逆で、職場内で判らないことを集合教育で納得することになる。

 さらに、職場内教育で理解できないことは自分で学習しなければならない。上司の指示によりテーマや教材を決め、自らのスキルを高めるための堀り下げを行う。(続く)
投稿者: DTB Support 投稿日時: 2017-12-1 0:00:00 (338 ヒット)
印刷用ページ このニュースを友達に送る
中島亮医師が当社経営陣に入ります
病院支援の仕組みをご活用下さい
病院の「経営企画室」業務、私達が請け負います
3か月で病院原価計算導入
勝ち残る5段階で進めるDPC戦略
オンリーワンクリニックになりたくありませんか?


お勧め化粧品 BLOG よい病院・よくない病院の見分け方 素敵な人のお話
クリッククリニック 聞いてネット(FAQ) わかった!経営の処方箋


ホームサービス・商品目次Drトレジャーボックスとはご利用方法としくみ
ご登録画面ご登録の手順会員規約お申し込み方法運営会社の説明