Home > News : (18APR01)「地域での健診ラリー」

News : (18APR01)「地域での健診ラリー」

 医療制度改革のテーマの一つは機能分化である。機能分化は、業態別のそれをいう。急性期は急性期らしく、そして慢性期は慢性期らしくということを意味している。

 機能分化はその前提として連携をテーマにあげている。自院のできないことは他の病院に、ということがそれだ。急性期は急性期の患者を治療し、治療が完了すれば他の業態の病院に、ということになる。

 一方診療所との連携を強化という側面もある。外来は診療所で入院は病院でという連携関係である。診療所と病院の連携が入退院でつくりあげられ、お互いの役割を最適化しようという試みである。診療所と診療所もしたがって得意不得意があるのであるから、連携をしっかりとすることが望まれる。内科と外科、整形や眼科や耳鼻科、皮膚科、そして歯科との連携も必要となる。このような連携関係をより一層強化しようというイベントが健康ラリーである。(続く)
投稿者: DTB Support 投稿日時: 2018-4-1 0:00:00 (247 ヒット)
印刷用ページ このニュースを友達に送る
中島亮医師が当社経営陣に入ります
病院支援の仕組みをご活用下さい
病院の「経営企画室」業務、私達が請け負います
3か月で病院原価計算導入
勝ち残る5段階で進めるDPC戦略
オンリーワンクリニックになりたくありませんか?


お勧め化粧品 BLOG よい病院・よくない病院の見分け方 素敵な人のお話
クリッククリニック 聞いてネット(FAQ) わかった!経営の処方箋


ホームサービス・商品目次Drトレジャーボックスとはご利用方法としくみ
ご登録画面ご登録の手順会員規約お申し込み方法運営会社の説明