Home > News : (18SEP11)気遣いをすること

News : (18SEP11)気遣いをすること

気遣いとは、「あれこれと気を遣うこと。心づかい」をいいます。気遣いをすることは医療の一部あり本質です。患者は治療が必要な対象であり、弱者です。治療を行うにあたり、医療従事者は細心の注意を払い治療を進めます。細心の注意を払うことは、まさに気遣い、心遣いそのもの気遣いのない医療は存在しない、と考えることが適当です。
どのように気遣いをすればあるべき医療が成立するのでしょうか。
・痛みを与えない
・羞恥心を与えない
・恐怖心を与えない
・納得してもらう
・不便を与えない
・不快な思いを与えない
・不利益を与えない
ということを日々の活動の行動の軸としていく必要があります。
心と身体の痛みを軽減するためには、何をすればよいのか、また羞恥心を与えないようにするためにはどのような行動をとればよいのか、恐怖心を与えないために、どのような仕組みをつくればよいのか、どう行動するか、納得してもらうためには…というように考え、個人の技術技能の向上と、仕事の組みの見直しを行うことが大切です。
投稿者: DTB Support 投稿日時: 2018-9-11 0:00:00 (291 ヒット)
印刷用ページ このニュースを友達に送る
中島亮医師が当社経営陣に入ります
病院支援の仕組みをご活用下さい
病院の「経営企画室」業務、私達が請け負います
3か月で病院原価計算導入
勝ち残る5段階で進めるDPC戦略
オンリーワンクリニックになりたくありませんか?


お勧め化粧品 BLOG よい病院・よくない病院の見分け方 素敵な人のお話
クリッククリニック 聞いてネット(FAQ) わかった!経営の処方箋


ホームサービス・商品目次Drトレジャーボックスとはご利用方法としくみ
ご登録画面ご登録の手順会員規約お申し込み方法運営会社の説明