Home > News : (19FEB20)院内広報誌の在り方(2)

News : (19FEB20)院内広報誌の在り方(2)

院内報発行にあたって、
(埆犬呂任るだけ多くの職員が関与すること
外部にも出ることを想定した情報管理を行うこと
5佞乏杏瑤謀舛┐襪海箸有用である情報を掲載すること
ど賊,瞭常活動を通じて、安心信用信頼を得ることができるかどうかを念頭において編集をすること
テ票圓垢戮討北嵳綸に役に立つことを意識すること
、などに留意する必要があります。

 また、院内報をどのように配付するのかも重要な検討事項です。院内のどこに置くのか、どのような告知を行うのか、連携先や関係者にどのように配付するのかといったことについても計画しておかなければなりません。院内報を印刷したけれども大量に残ってしまった、ということがないようにしなければなりません。配付先のリストをつくり、確実に配付することも当然に実施されなければなりません。

 なお、日常的に職員が接点をもつ読者に対し、院内報を話題にして感想を聞いたり、意見をもらうなど地道な活動で院内報の質を高める努力を怠らないことが大切です。 
他のコミュニケーションツールと併せて、院内報を有効に活用し、自院の活動を広く内外に知らしめることにより自院のブランディングを行うこと、そして円滑な病院運営を行うことが望まれます。
投稿者: DTB Support 投稿日時: 2019-2-20 0:00:00 (25 ヒット)
印刷用ページ このニュースを友達に送る
中島亮医師が当社経営陣に入ります
病院支援の仕組みをご活用下さい
病院の「経営企画室」業務、私達が請け負います
3か月で病院原価計算導入
勝ち残る5段階で進めるDPC戦略
オンリーワンクリニックになりたくありませんか?


お勧め化粧品 BLOG よい病院・よくない病院の見分け方 素敵な人のお話
クリッククリニック 聞いてネット(FAQ) わかった!経営の処方箋


ホームサービス・商品目次Drトレジャーボックスとはご利用方法としくみ
ご登録画面ご登録の手順会員規約お申し込み方法運営会社の説明