(6FB07)マニュアル作成運営の目的

投稿日時 2006-2-24 0:00:00 | トピック: News

大阪R病院は、看護師によってマニュアルの作成が開始されています。リスクマネジメントは事務長がひとりでRMの役割を行い、統計表やグラフを作成し、院内に開示しています。

ただし、マニュアルは作成時に業務改革の視点を、そして運用時にもさまざまな業務改革の視点をもって対応する必要があります。仕事の仕組みを変える。もっとはやく、もっとうまく、もっとたやすくするためにはどのような仕組みがよいのかについていつも考える必要があります。またリスクマネジメントについても単に対策を立てるということではなく、対策を立てることは業務改革及びマニュアルの改訂につなげなければ、実は意味がありません。



ドクタートレジャーボックス - 病院経営・医療コンサルティング支援ポータルサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.dr-treasurebox.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.dr-treasurebox.com/article.php?storyid=64