(17APR20)潜在クレーム

投稿日時 2017-4-20 0:00:00 | トピック: News

 クレームには顕在クレームと潜在クレームがあります。前者はすでに発生してしまったクレームをいいますし、また後者はこれから発生するクレームをいいます。

 潜在クレームの間に、クレームになる可能性を発見しつぶしていけば、確実にクレームが顕在化することを防ぐことができます。このようなことはクレームになるということを列挙し、あるいはリスクマネジメント委員会で整理して開示することが必要です。なお本来であれば業務マニュアルの留意点にそれらを記載し、日頃からOJTで教育することが有効です。知っているだけではなく、体現化できるようにしていくことが本当の教育であり医療の質向上につながる唯一の方法だと考えています。



ドクタートレジャーボックス - 病院経営・医療コンサルティング支援ポータルサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.dr-treasurebox.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.dr-treasurebox.com/article.php?storyid=879