(18SEP01)ヴィジョンの大切さ

投稿日時 2018-9-1 0:00:00 | トピック: News

人は未来に希望をもつ生き物です。なので、仕事をしていくうえでもヴィジョンが必要です。ヴィジョンは法人にとれば戦略の方向であり、また職員にとれば仕事に対する夢です。

ヴィジョンを自分の夢として受け取れない職員がいれば、それはマネジメントサイドの伝え方に問題があります。

マネジメントサイドがいかにこのヴィジョンが地域にとり、そして職員(自分)にとって価値のあるものであるのかを伝えられなければヴィジョンは力をもてません。職員がワクワクするためのヴィジョンの伝え方はどのようなものでしょうか。

社会のために貢献できる、地域住民のためになる、自分達も力をつけなければならない、力をつければ自信をもって生きていける、誰からも尊敬される自分をつくることがこれからの人生にとって有益、いまの仕事を通じて、満足感や達成感を得られるよう頑張っていこうといったことがその例です。トップや幹部(上司)自らが前向きに仕事をする、常に人のために活動していく、誠意をもち純粋に医療をつきつめていく、私利私欲ではなく、患者のために精一杯頑張る、といった行動をとることが必要です。なお、ヴィジョンが意味をもつのは職場環境が適正であることが前提です。少なくとも他と比較して給与が低くない、労働環境が劣悪ではないことが保証されなければなりません。組織は適正利益を出し、職場環境を整えるとともに、公平公正な処遇を行えるよう活動しなければならないのです。



ドクタートレジャーボックス - 病院経営・医療コンサルティング支援ポータルサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.dr-treasurebox.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.dr-treasurebox.com/article.php?storyid=928