(18SEP12)人はなぜ懸命に仕事をするのか(1)

投稿日時 2018-9-12 0:00:00 | トピック: News

懸命とは、力のかぎり努めることや全力をつくすこと。精一杯やることをいいます。

人が懸命に働く理由はさまざまです。お金のため、生活のため、やりたいことをやるため、やらなければならないことをやるため、好きな人のため、尊敬する人のため等々がそれらです。しかし、本当に懸命に働くことができるのは、自らが率先してその仕事が面白い、好きなだと思うときだといわれています。他から言われてやるのではなく、自ら望んで仕事をすることに喜びを感じるときにはじめて、懸命に働き成果を出そうとするのです。やらなければならない(やらなければならないことが他律的ではなく、使命感に燃えてという場合は別だと思いますが)のでやるといった、義務で仕事をしているときには、一時期は没頭することができたとしても、最後の詰めのところで力を発揮できません。



ドクタートレジャーボックス - 病院経営・医療コンサルティング支援ポータルサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.dr-treasurebox.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.dr-treasurebox.com/article.php?storyid=930